お客さんがよくオーダーする時に言う一言で「少し軽くしてください」というのがあると思います。この軽くしてください、というのは結構クレームの原因となるようです。軽くして、と言われた美容師の多くは好きばさみなどを使って髪を梳いて行くのですが、この時の減らし具合というのは実はとても難しいようです。そしてお客さんの注文も「少し」という表現が多いものです。お客さんの思っている「少し」と美容師が思った「少し」が食い違っていると、仕上がりに対してお客さんが愕然とするほど軽くなってしまっている事があるようです。髪の毛の長さを調整するオーダーであれば、何センチ、とか、肩まで、などといった具体的な長さを示す事ができますが、「軽くする」という事に関しては具体的な数字や事象で示す事が難しいものです。どうしても「少し」とか「かなり」といった曖昧な表現でオーダーを受けることになります。ですからその対応としては美容師が受けとめた感覚よりもやや残す方向で梳いて行くのが良いのかもしれません。日頃から何度も担当しているお客さんであればだんだんとお客さんの意図を汲み取ることも上手くなると思いますが、初来店のお客さんであればまだそういった事が解らないので特に注意が必要、という事になりますよね。

最大のクレーム

美容師が一度は言われて事のあるかなり頻度の硬いクレームの一つに、「カットしてもらったけど切り過ぎた」という事ではないでしょうか。この件に関してはクレームをつける、つけないは別にしてもお客さん側にも「あるある」という人が多いと思います。なぜ「切り過ぎた」という事に対してそこまでお客さんは怒るのでしょうか。それは切り過ぎたという事に対してはもはや対応が不可能な事をお客さんもわかっているからです。切り過ぎてしまったものはもうどうにも元に戻す事はできません。ひたすら髪の毛が伸びるのを待つしかないのです。せっかくお金を払ったのに、この美容室まで足を運んだのに、こういう結果になると何事なんだ?とお客さんが思う気持ちもわからなくはありません。ですがこのクレームに対して美容師は成す術がない事も確かです。ひたすら謝るしかありません。一番辛いクレーム対応となりますし、こういったクレームが起こる頻度もかなり高いようです。美容師はこういった事態にならない様に、カウンセリングでの長さの確認、切り過ぎを防ぐための工夫、などが必要になります。ですが限られた時間でのカットでお客さんの要望にきちんと添えるような長さに一度でカットできる、というのは相当な技術を必要とするようで、経験の浅い美容師にとっては実はとても難しい事の様です。

新着サロン情報

圧倒的支持率のお洒落メンズサロン★
与野本町にある床屋
予約なしOK!お気軽にお立ち寄りください☆
鶴瀬にある美容室
経験豊富なスタイリストが担当★
菊川にある美容院