美容師を指名する時にあれこれ思い悩むお客さんもいるかもしれませんが、そもそも「指名しても良い」「指名して下さい」というスタンスなのですから、美容室側はお客さんが誰を指名しようと問題は無いはずです。言ってみれば指名する事はお客さんの自由であり誰に対して誰を指名したい、と告げるか、という事をいちいちお客さんが気にする必要はないのです。極端な話、その美容室内で気に入る美容師が見つかるまで一人一人を指名してみるのもありなんですよね。一人一人お試しで指名してみて、結果的に一番気に入った美容師を今後指名する、という事に決めるのは、とても合理的なやり方だと思います。確かに美容室内では美容師同士の競争も有るかもしれませんから、後輩美容師ばかりが指名受ける、というった環境では人間関係がぎくしゃくしてしまう事も起こり得ることです。ですがそれは基本的にはお客さんには関係のない事で、お客さんは何も悪くは無いのです。堂々と自分が思っているように指名をする方が、美容師としても正当な評価をしてもらっている事になります。相手に気を使いすぎるのは日本人気質の良くない所でもあるかもしれませんが、そういった人間関係をお客さんに気にさせるような雰囲気の美容室であるとしたら、それもまた問題なのではないでしょうか。

お客さんの気づかい

美容師の皆さんはもしかしたら気付いていないかもしれませんが、お客さんの中には予約時に指名をする時に一生懸命に気を使っている人もいるのです。たとえば前回指名した人を次の時には指名したくないな、と思った時、その気持ちは優先したいけれどももしも前回の担当者が自分の事を覚えていて次回は別の美容師を指名したらどう思うだろうか、という事が気になってしまうものです。前回の担当者と顔を合わせる事がないのであれば気にする必要はないのですが、同じ美容室に行く限りはどうしてもその美容師と顔を合わせる事になります。別の美容師と指名したのにその美容師と顔を合わせるのはちょっとやりづらいな、と思ってしまうのでしょう。そこでお客さんはどうするか、というと前回担当してくれた美容師が休みの日を狙って予約を入れる、という事を考える人もいるようです。確かに前回の担当美容師が休みの日に来店するならば、たとえ指名をしたくても出来なかった、という事になります。忙しければ実際に「この日にしか予約を入れられない」という事情のお客さんがいても当然です。つまり担当者よりも日にちを選んだ、という事にするのです。そうすれば前回の担当者も指名されなかった事を気にする必要はないでしょう。お客さんの中にはそうやって気を使っている人もいるようです。

お気に入りのサロンが見つかる

お店やホームページを常に最新の状態にしませんか?
ヘアカタログ
当日予約◎飛び込みご来店◎
新小岩にある美容院
上手い&安い&早い♪大島に黒船襲来!!
西大島にある美容院