夏の外出時に暑さを避けるために帽子を被る人も多いと思います。日傘をさす人も多いですが、日傘と言うのはどうしても片方の手がふさがってしまうので場合によっては邪魔になってしまう事も有り、帽子の方が便利だったりしますよね。ですから確かに夏場は帽子を被る機会が増える事でしょう。そして帽子を被ることで紫外線からも髪の毛や頭皮を守ることができるので、夏には必要なアイテムと言っても良いでしょう。帽子がオシャレに一役買う事も有ります。一つのファッションアイテムとして色々な帽子を揃えておいて外出のたびに楽しむのも夏の楽しみの一つとなるかもしれませんね。ところがこの帽子を被ることで悩みも出てきます。被った時には良いのですが、それを外した時にヘアスタイルが乱れてしまっている、という事があります。また帽子の中では頭が蒸れてしまって汗をかきやすくなってしまう事です。帽子を被っていて涼しそうには見えても耳の周りや首回りに汗が流れているのが見えてしまうのは周囲の日とも深いですし、せっかくのオシャレが台無しです。帽子を選ぶ時にはできるだけ通気性の良い素材のものを選ぶようにした方が良いですね。また外出先で帽子を取らなくてはならない、という時にはその事も想定したヘアスタイルを考えなくてはいけないでしょう。

周囲への配慮

みなさんは夏になるとショートカットにする方ですか?それともある程度の長さを残して一まとめにしたスタイルの方が好きですか?夏はとにかく暑さをしのぐことに一生懸命になってしまいますよね。もはやおしゃれなんてしていられない、と思う人もいるかもしれません。ですが夏と言う季節には自分が心地よく感じるスタイルを考える事も大切なのですが、周囲の人に不快感を与えないかどうか、という事を考える事も必要です。夏は人との距離が近いと、その時に感じつ体温すら鬱陶しく感じる時があります。通勤時間帯などはどうしても人との接触が避けられない事もあるでしょう。いくら冷房が効いた車内であっても、外から駆け込んできた人が近づくとそれだけで熱気を感じてしまいます。その時にその人の外見が暑苦しい感じだと、実際に感じる温度以上に暑く差を感じてしまいませんか?いくらきちんと髪の毛をまとめていたとしても毛先があちこち跳ねている様なスタイルだとそれだけで不快に思ってしまいます。ショートカットであってもフケが見えるような感じでは近づくのも嫌になってしまう事でしょう。ですから夏場と言うのは自分が涼しければよい、というのではなく、周囲に対してもエチケットとして清潔感や涼しさを感じさせるように心がけたいものです。

今年のトレンドサロン

与野本町にある美容院
岩槻にある美容院
中目黒にある美容院