美容室の多くは月曜日が定休日となっています。そのことを不思議に思った事はありませんか?実は美容室が月曜日を定休日としているのは、かなり古い歴史があるんですね。それはまだパーマが「電髪」と呼ばれていた頃にさかのぼります。電発とは、電極につながっているロッドを髪の毛に巻いて施すものでした。つまり髪の毛を加熱する事でウェーブを出していたのですね。つまりとても電気代のかかる施術だったのです。ですがその当時電力と言うのはとても貴重だったようです。戦時中でしたから戦うための電気が必要で市民たちは常に電力が不足している中で生活をしていたようです。そしてそのために電気を提供しない「休電日」というのが設定されていて、それが週に一度月曜日だったのですね。ですから美容室が休み、というよりは電気が使えないので電髪が行えなかったのです。だからその日は美容室を営業しなかった、という事の様です。ちなみに東京ではこの休電日が火曜日だったようで、いまでもその名残で火曜日を定休日としているい美容室も有るようですね。美容室の組合が出来た時にその歴史のまま月曜日や火曜日を定休日とする、という事が取り決められたようですが、最近では独自に定休日を設定する美容室も増えてきたようです。

平日の休み

多くの美容室では月曜日か火曜日を定休日にしていますし、そのほかにもスタッフの休みは平日に取ることがほとんどです。土日ややはりお客さんが多いから、というのが理由なのかもしれません。土日が休みではない事は一般世間から見ると、残念、可愛そう、といった事になるのかもしれませんが逆に平日が休みであることのメリットも多いようです。たとえば土日祝日には混雑するショッピングモールや観光地も平日ならば混雑していません。旅行代金やランチやディナーの料金も平日であれば低めに設定されていたり割引があったり平日だけ利用できるクーポンやメニューがあったりしてお得な事が多いんですね。また土日が休みの人であれば平日にしか対応できない事で困ることも多いと思います。役所の関係や金融関係ですね。平日の昼休みに走っていかなくてはならない、というような事も有ると思うのですが平日に休みが有ればそういった事をスムーズにこなす事ができますね。お子さんが学校や幼稚園から帰宅した時に家にいる事が出来るので、それからゆっくりと家族の時間を持つことができる、というのもメリットかもしれません。今では美容師に限らず平日にしか休みの取れない職業の人はたくさんいます。かつては「可哀そう」だったかもしれませんが今では普通になりつつありますね。

おすすめサロン

海沿いのカフェをイメージさせる落ちついた雰囲気の店内
八潮にある美容院
ダメージをゼロで施術をお楽しみ頂けます。
府中にある美容院
「より安全により美しく」をコンセプトに
吉祥寺にあるヘアサロン