井川遥さん、2018年で42歳。
しかしとても40代とは見えませんよね。
まだまだ現役の30代キャリアウーマンでもおかしくないような美しい容姿。
年齢を重ねても美貌が薄まらず、むしろ母親になってますます女としての深みも増して魅力的です。
色白のお肌の透明感も、現在進行形ですが、何か特別な美容法は行っているのでしょうか?

実は井川遥さん、美容のために習慣にしている事が多く、普通の人が明日から早速真似しようと思っても、なかなかできないことも多いです。美容室やヘアサロンは笹塚でカットとカラーとパーマが人気の口コミは主婦

○起床は4時前

井川遥さんが起きるのはなんと4時前。
朝に色々な雑用などこなすのだそう。

起床したらまず顔の状態を触って確かめて、むくんでいれば白湯を飲みます。
さらに朝は、41度以上のお湯に浸かって代謝を高めているのだといいます。
そして湯船の中でもリンパマッサージをして、血流を良くしておきます。
お肌が乾燥している時は、ローズウッドのアロマや日本酒を入れることもあるのだそう。

むくみがあってもなくても、井川遥さんは体や顔に余分な老廃物や水分をためないために、体から排出させるようにしています。
もしもむくんでいたなら、30分間ジョギングをして汗をたくさん流します。

○ヨガやピラティスをして呼吸を整える

外見からも柔らかく、ほがらかな印象の井川遥さんですが、入浴後にストレッチやヨガ、ピラティスを行って、精神状態を整えています。

だからいつも素敵な笑顔で、穏やかなマインドでいられるのでしょう。

○食生活は?

井川遥さんの気になる食生活ですが、朝食では生乳100%の無糖ヨーグルト200g食べるのだといいます。
トッピングには市販の黒豆を入れるのだとか!

普段の食事は和食が中心で、野菜もたっぷり取り入れているそう。
白米は使わず、玄米や十穀米です。お肉よりもお魚を多くしています。

海外セレブの中には、40代でも若々しくて美貌にあふれている女性が多いです。
加齢と共にスタイルや肌のコンディションが崩れてしまいがちですが、20代の頃からほとんど変わらないスタイルやヘアスタイル、美肌をキープしている海外セレブも多いですよね。

彼女たちはどうして40代でも若いのでしょうか?
裏で何か特別な努力はしているのでしょうか?
40代でも若々しい海外セレブの生活をのぞいてみました。

○ジェニファー・コネリー

少女時代からその美貌に注目され人気女優となりますが、年齢を重ねていくうちに演技派女優に。

今でも細くてスタイル抜群のジェニファーですが、スタイル維持のためにやっていることは、ランニングとヨガだそうです。

現在週に4日は走っているようで、ヨガについてジェニファーはこう語っています。
「私にとってはリラックスするためのエクササイズだし、10分程度でも血行が改善するの。」

美肌ケアとしては、オーガニック系のマーケットでココナッツオイルやシアバターを使っているそうです。
真似してみたくなりますね!

○シャロン・ストーン

年をとっても美貌をキープしているシャロン。
若い頃からジムに通って抜群のプロポーションを維持しています。

○エリザベス・ハーレイ

とてもアラフィフには見えない細い体つきをしているエリザベス。
無駄な脂肪なんていっさいついていないように見えます。
オーガニック食品のビジネスも展開していて、オーガニック農場も持っているというエリザベス。
体は食べ物で作られると、食生活がいかに重要かを心得ているため、日頃からオーガニック食品をたくさん取り入れているとのこと。

エリザベスの他にもオーガニックにこだわる海外セレブは多いです。
やはり自然派の食品が体形やお肌にも影響するのでしょうか。

エリザベス:「40歳を迎えた時、美を保つには相当な努力が必要だと思ったわ。それと同時に、若い時はいかに簡単に美を維持できたかということに気付いたの。」