アイシャドウ下地の存在は知っているけど、わざわざ使わない方は今すぐに使ってみる事をおすすめします。
その理由は、お手持ちのアイシャドウが発色、持ち共にうんとレベルアップするためです。
せっかく綺麗なラメなのに時間がたつと飛んでしまう、見た目とまぶたに乗せた感じが違うなどの悩みも解消できるアイシャドウ下地の魅力を探ってみました。

アイシャドウ下地は、ファンデーションを塗る前の化粧下地と同じようなもので、アイシャドウの持っている力を最大限に引き出してくれます。
特にまぶたや目元のくすみが気になる方はアイシャドウ下地でカバーする事で明るい目元になれます。
もちろんその上に塗るアイシャドウの発色もアップします。
アイシャドウの発色が悪い原因はまぶたのくすみなので、まずはそこをカバーしないとどんなに優秀なものを乗せても発色は良くなりません。

よくアイシャドウ下地はクリーム状のものだと思っている方がいらっしゃいますが、パウダータイプのアイシャドウ下地も存在します。
パウダータイプは脂肌の方におすすめで、皮脂によるアイメイク崩れを防いでくれます。
アイシャドウ下地はまぶたのキワにまでしっかり塗ればアイラインが落ちてしまうのを防げますし、眉毛を描く前に塗れば眉尻だけ消えてしまうのも防げます。
アイメイク全般に使えるので、すぐにメイクが落ちてしまう方は是非お使いください。

アイシャドウ下地の注意点は、あくまでも薄く伸ばす事です。
沢山塗ってしまうと逆にアイメイクが崩れやすくなってしまうので、ポンポンと指に取りましょう。

最近イエローのチークをよく見かけるようになりましたが、自分には似合わない、使い方が難しそう、と諦めていませんか?
イエローチークはそのままでも使えますが、手持ちのチークにプラスすると全く違う表情を見せてくれます。
お顔の印象がガラリと変わり、柔らかく健康そうな頬色になれます。江古田にある美容院で。

チークの定番カラーといえば、ピンクですが、イエローチークとピンクチークを合わせるとピンク味が少し調和されます。
例えば、このピンクは色味が派手過ぎると思っていても、イエローを重ねると肌馴染みが良くなり、大人の女性でも変に浮いたりしません。
赤チークにイエローを重ねるとオレンジチークのような発色になります。
活発ではつらつとしたイメージなので、カジュアルなファッションにいかがでしょうか。

ピンク、赤チークにイエローを加えて言える事が、肌馴染みがアップする点です。
それだけだと浮いてしまう色味でも日本人の肌色に近いイエローをプラスする事により、自然に仕上げてくれます。
イエローをそのまま頬に乗せるのは少し変ではないか?と思われるかもしれませんが、イエローチークは重ね塗りする事で微妙なニュアンスが生まれます。
毎日のメイクにマンネリを感じてきた時にイエローチークを買い足すと、全く違った色味のチークの様になります。

ドラッグストアで購入できるプチプラからデパコスまで、色んなブランドからイエローチークは販売されています。
中にはアイシャドウとして使えるアイテムもあるので、1個持っているとメイクの幅が広がります。