最近シミやくすみが増えてきた…、しっかり紫外線防止をしているのにどうして?と
お悩みのあなた。

シミやくすみが増えてしまうのは、一般的には加齢や紫外線だと考えられていますよね。
加齢は仕方ないにしても、紫外線であれば日常から気を付けてケアすることができます。
外に出る前に紫外線予防のケアもできますし、外出後もビタミンC入りのコスメでアフターケアするなど、工夫は様々です。

しかし、紫外線対策をしているにも関わらず、くすみやシミが増えてきた…という人がいたら、それはもしかしたら油焼けによるシミやくすみかもしれません!

それではこの「油焼け」とはいったいどのようなものなのでしょうか?

○油焼けとは何?肌が酸化してシミやくすみなど色素沈着の元になる?

肌についた油分が太陽からの熱や紫外線と反応して肌が酸化することによって、シミやくすみができてしまう場合があります。

これが「油焼け」と呼ばれる現象です。
シミやくすみなど、色素沈着の原因となってしまうのです。

○美容オイルの成分が紫外線と反応する

例えば外出前に、スキンケアとして美容オイルやクリームを使っている人は要注意。
成分の中に油分がたくさん使われていたら、太陽の光や紫外線と反応して、お肌が酸化してしまう可能性があります。

勿論、全部のコスメがいけないというわけではありません。
美容オイル一つにしても、酸化を招いてしまうものとそうでないものがあります。

○不純物の多いコスメ程油焼けしやすい?

スキンケアアイテムの中に、もしも不純物が含まれていたら、その不純物が原因で日焼けの原因になってしまうことがあります。
不純物がたっぷり含まれたオイルをお肌につけてしまうと、紫外線をたくさん浴びることでシミやくすみになりやすいのです。
不純物が多く含まれたコスメには気をつけましょう。
油焼けしたくなかったなら、純度の高いコスメを選ぶ必要があります。

プチプラでも品質が良くて、お肌をしっとり保湿してくれるニベアクリーム。
青缶に入ったニベアクリームは使いやすい上、テクスチャーもかためなので、顔につけても蒸発しにくいです。

海外セレブ御用達の高級コスメのクリーム ドゥ・ラ・メールとも、成分がほぼ同じということで、ロングセラーになっているプチプラなコスメ。

日常使いしている女性も多いのでは?

しかし、そんな優秀なニベアクリームにも心配事があります。
それは日焼けとニベアクリームの関係。

そもそもニベアクリームには日焼け防止の効果はあるのか?また、紫外線や陽ざしと反応して油焼けを起こしてしまうことはないのか?と気になっている人もいるでしょう。

○ニベアクリーム青缶では紫外線カットできません

ニベアクリームは、日焼け止めクリームでもファンデーションでもないため、紫外線防止剤は入っていません。

よって、ニベアクリームだけを顔に塗っていても、紫外線や日差しの影響を受けやすく、シミやくすみの原因になることも…!

日中はニベアクリームだけ付けて外出というのは、避けた方がいいでしょう。

さらに、これはニベアクリームに限ったことではありませんが、クリームや乳液をお肌に塗ると、紫外線が浸透しやすくなりってしまいます…。

ニベアクリームをつけて外に出る時でも、別途日焼け止めクリームやファンデーションをしっかり塗っておくことが重要です。

○油焼けの危険性はない?

以前発売されていたニベアクリームは、確かに油焼けのリスクがありました。しかし現在売られているニベアクリームは改良され、安全度も高くなっています。
不純物が少なく、油焼けのリスクも低いです。

ニベアクリームは保湿力が高く、お肌に潤いを与えてくれます。
そんなニベアクリームを常用したいという人は、外に出る前にニベアクリームを塗ってから日焼け止めをつけるといいでしょう。日焼け止めと一緒に使う事で、日焼けしてしまうリスクも減らせるでしょう。

表参道駅 求人 美容院 業務委託