コーヒーは美肌対策にもよく効くと言われていますが、それは正しい飲み方をした場合です。
しかし、中には誤った方法でコーヒーを飲んでいる人たちも多いです。

コーヒーをダイエットや美肌に生かしてくためには、どのような飲み方をすればいいのでしょうか?

○浅煎りのコーヒーを選ぶ

コーヒーには浅煎りと深煎りのものがありますが、コーヒー通であればある程、深いものを選んでしまいがち…。

しかし、コーヒーを美容に生かしたいのであれば、浅煎りのコーヒーがおすすめです。
焙煎を深くすることによって、クロロゲン酸はどうしても減ってきてしまいます。
そして深煎りのお豆よりも、浅煎りのお豆にクロロゲン酸はたっぷり含まれています。コーヒーの美容効果の中でも美肌効果を目的にするならば、深入りよりも浅煎りのコーヒーを選びましょう。

○コーヒーは適量を3時間ごとに飲む

美肌効果を高めたいのであれば、一日1000~1500ミリグラム程のポリフェノールの量が必要です。

これは、コーヒー3~5杯分に相当します。

さらに、コーヒーは3~4時間ごとに1杯ずつ飲むのがおすすめです。
これによって、コーヒーのクロロゲン酸の抗酸化作用が持続しやすくなるからです。

○コーヒーを飲み過ぎると代謝が落ちる?

コーヒーの飲み過ぎには、くれぐれも気を付けるようにしましょう。
コーヒーに含まれるカフェインには、利尿作用があります。
そのため、過剰に摂取下水分が失われ、お肌が乾燥しやすくなるといった事態が発生してしまいます。

これでは美肌どころではないですよね…。
さらに、カフェインは体を冷やしてしまう作用もあるため、冷えによって代謝が低下してしまう恐れもあります。

体温が低下すると、乾燥肌になりやすいため、美肌の大敵となってしまいます。
くれぐれも、飲み過ぎには気をつけましょう。

日本人にはコーヒー好きな人が多いですよね。
コーヒーには集中力を高めてくれる働きや、リラックス作用があります。香り高く、味にもコクがあって、おいしいですよね。

そんなコーヒーですが、美肌にも良い効能が期待できるのです。それはどのような効果なのでしょうか?

○ニキビや肌荒れを改善してくれる

コーヒーに含まれるクロロゲン酸は殺菌効果も高いため、肌荒れやニキビの予防にも効果的です。また、これは美肌とはまた違いますが、コーヒーには利尿作用があることからも、むくみ解消に役立ち、シュッと引き締まった小顔にしていけるでしょう。

○シミを抑制してくれる

コーヒーを飲んでいるとシミができやすくなるという噂もありますが、実際、コーヒーは
抗酸化作用に優れているため、反対です。
紫外線によって活性酸素が活発化してしまうのを、防いでくれるでしょう。
紫外線によるシミをできにくくする働きもあるのです。

コーヒーに含有されるクロロゲン酸という物質に、赤ワインなどにも豊富に含まれる抗酸化作用が期待できるからです。

○お肌のアンチエイジングをしてくれる

コーヒーを飲んでいれば、いつまでも若々しいお肌でいられると期待できます。
お肌が老化してしまう原因は、加齢もありますが、活性酸素が活発になってしまうことも原因です。
ともすれば、この活性酸素の働きを遅らせれば、老化は十分に防いでいけるわけです。
コーヒーに含有されるクロロゲン酸の抗酸化作用によって活性酸素が効率よく取り除かれるため、シミもできにくくなるでしょう。

横浜駅 求人 美容院 業務委託